半側空間無視:症状・原因・治療

『正面を向いてください』!!。出来ましたか?でもそれは本当に『正面』ですか?

・・・なんて禅問答ですね、『世にも奇妙な物語』みたい。

今回は『左右』、そこから発生する『正面』に関するお話し。そして左右が壊れる『半側空間無視』の話しです。以前の記事『言語聴覚士』で高次脳機能障害について簡単に述べました。まだ読んでいない方は下記リンクから飛んで読んでみてください。☆リンク☆

高次脳機能障害を簡単に述べるとマヒなどの運動・感覚とは違い、『聞く・話す・書く・理解する』など概念の障害です。今回はその中でも空間の把握が出来なくなる『半側空間無視』を見ていきます。

☆優位/劣位半球☆

『半側空間無視』とは簡単に言うと、左または右という概念が消えることです。特に左が消えることが多いです。我々の脳には右脳、左脳があります。そのうち言語理解・機能を担当している方を形式的に『優位半球』、担当していない方を『劣位半球』と言います。

ここで補足。本来は機能ごと、例えば視覚や空間認知ごとに~優位半球と言っていました。でも機能ごとに左右が変わると混乱するので、一番研究の進んでいた『言語機能』で便宜的に左脳を優位半球、右を劣位半球とした歴史があります。

左脳に言語中枢があるため一般的に左脳が優位半球となり、一方右脳は劣位半球とされています。では空間把握は右脳・左脳のどちらか?というと空間把握は劣位半球つまり右脳が主に担っています。(=右脳は空間把握優位半球とも言う)

具体的には右脳は左右、左脳は右の空間を担当しています。ここが大きなポイントです。

☆左の消失☆

ここで脳梗塞や事故で右脳が損傷したとすると、右脳(左右の空間)✖、左脳(右だけの空間)〇となります。左脳による右の空間把握しか残らない、つまり左という空間・概念を認識することが出来なくなるのですこれが半側(左側)空間無視の起きる理由です。

ちなみに多くの人が上記のように右脳が左右の空間、左脳が右担当ですが、一部の人(特に左利き)では右脳・左脳の働きが別だったり、両方が左右の空間を担当していたします。なので一概に右脳損傷⇒左半側空間無視とはならない場合もあります。

さて我々が『正面を見てください』と言われたら、左右のちょうど真ん中、正に正面を見ます。でも左半側空間無視の場合は、左半分がこの世から消えます。『正面を見てください』と言うと、左が無いので鼻の延長線上(右の一番左端)と右との真ん中、右斜め45度を見ます。そこが半側空間無視の患者の正面なのです。

ちなみにこれは見るっという視覚だけの話ではありません。左が無くなるので顔・体も右向きます。左の肩や脚を触ってみてと言っても理解できません。歩く時も左が無いので、左にある障害物(人・車いすなど)にぶつかります。半側空間無視は一般的には有名ではないですが、社会生活上は極めて重要です。

☆混同しやすい同名半盲☆

半側空間無視をよく混同されるのが同名半盲という症状です。眼の神経や視覚中枢(後頭葉)がやられることで、視野の左(右)半分が消える現象です

どちらも左右半分が消える現象ですが、決定的に違うのは『消えていると理解しているか、どうか』です。半側空間無視は理解できず、同名半盲は理解できています。同名半盲は半分が見えていないだけで、空間・概念はあります。

なので同名半盲の人は視野を補おうと、首をよく回しています。一方半側空間無視の人はキョロキョロしません。見ただけで両者の違いは分かります。

☆治療☆

左を補う、認識させていくようにしていきます。左側に目立つもの(蛍光色のタオルや、派手な人形)を配備したり、プリズム眼鏡を装着して左を物体を右で見えたりします。

でも根本的な半側空間無視の治療は現段階では無いです。研究段階です。治療では無いですが、家族や周りの人への周知が非常に重要となってきます。

高次脳機能障害は今後シリーズ化していこうかと思います。まぁ~失語・失行・失認などですかね。以上です。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ にほんブログ村

スポンサードリンク







返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA