リハビリ

リハビリ内容~言語聴覚士~

あほな事ばかり書いていないで、たまにはリハビリの事を。

3つの療法士の最後、今回は言語聴覚士について書いていきたいと思います。

言語聴覚士は英語でSpeech-(Language-Hearing)Therapist、通称STです。STの方を頻用しています。療法士のなかでも最も数が少なく、全部で約3万人です。

他の療法士(PT,OT)と違って、大学を卒業している人が多い印象を受けます(気のせい?)。多くのSTは言語学や高次脳機能障害(失語や失行など)に興味をもち、志望されていますね。

☆仕事内容☆

STの担当する分野は大きく分けて2つです

①:高次脳機能、②:摂食嚥下機能

①:高次脳機能

脳の働きに関して機能です。これはすごく難しくてボリュームの多い概念です。別の記事で深く掘り下げていこうかと思っていますので、ここでは簡潔に。

脳の働きとしては手足を動かす運動、熱い・冷たいなどの感じる感覚などは思い浮かぶと思いますでも社会生活を送るには、それ以外の多種多用の脳の働きが大事になっていきます。例えば見る・聞く・理解する・話す・他人に配慮する、などなど。

これらを『高次脳機能』と言います。脳梗塞や脳挫傷などでは『高次脳機能』が障害されます。例えば上手く話せなくなる、相手の言っていることが分からない、怒りっぽくなるなど。これを『高次脳機能障害』といい、STの訓練を担当する大事な概念です。

②摂食嚥下機能

噛んで、飲み込む機能です。我々が物を食べたり・飲んだりする時、以下の事が順番に起きます。

①:食べたり・飲めたりする物かどうか判断する。

②:歯や舌で咀嚼し、のど(咽頭)に送る。

③:のど(咽頭)に来たものを食道に送る。

④:食道の入り口が開き、胃へと送る。

これらの1連の動作が障害されると、『摂食嚥下障害』となります

①-④が障害される原因は、

①:認知症、視覚・聴覚障害。

②:歯牙欠損(歯が無い)、義歯不適合(入れ歯が合わない)、舌を取った(舌癌術後)。

③:脳梗塞、ALS、パーキンソン病。

④:脳梗塞、食道癌、食道アカラシア。

などなど、いっぱいありすぎて書ききれません。でも特に重要なのが、飲み込んだものが食道では無く、間違えた気管に入ることです。これを『誤嚥』といいます。

『誤嚥』によって起きる肺炎を『誤嚥性肺炎』と言い、高齢化社会では非常に重要な病気です。現在日本の死亡原因の3位は肺炎です。そのうち誤嚥性肺炎は大きなウェイトを占めています。なので『誤嚥』にアプローチすることは、生命予後(寿命)の改善を図ることができ、非常に重要な医療行為です。

☆治療内容☆

①高次脳機能障害

課題文を書いたり読んだり、カードを見て書かれた絵の名前を当てるなどを行います。高次脳機能障害は個人でかなりバラつきがあります。なので患者ごとに適切な訓練内容を選ぶ必要があります。あまりにも多いor難しい課題を出すと効果があるどころか、逆に患者の意欲が減退します。逆効果です。オーダーメイドの治療ですね。

②摂食嚥下障害

誤嚥しないようにトロミ(≒あんかけ)をつけたり、ごはん⇒お粥にしたりして食形態の工夫を行います。それ以外に顔が上を向いていたり、体がずり落ちたりしていたら誤嚥しやすいので、ポジショニングを調整します。

☆総括☆

高次脳機能障害・摂食嚥下障害は、マヒや切断などの一目でわかる病気ではありません。なので一般社会ではあまり理解されにくい病気で、病院⇒社会に戻った際に初めて分かったり・気づかれたりもします。でも人間が社会生活を送る際には必須の概念であり、それにアプローチするSTは非常に重要です。まだSTの絶対数は少ないので、皆さんに興味持ってもらえれば幸いです。

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 為替ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村