検査

筋電図の進め方⑰:伏在神経

伏在神経(SNAP)についてです。あまり行う機会は多くないです。

ハンター管症候群と言う内転筋群によって伏在神経が締め付けられて(絞扼性障害)、下腿の内側にしびれ・感覚低下が起きる病気です。

まぁ~ハンター管症候群自体も珍しいのですが・・・。

・記録電極:内顆の斜め上2-3㎝

・基準電極:記録電極の3㎝遠位

・刺激電極:記録電極から12-14㎝近位、脛骨内側。

脛骨内側、少し骨の下に潜り込ませるように押し当てると良いです。

 

リンク:筋電図関連の記事一覧

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 為替ブログへ