医学雑談

FIM認知項目:複雑な課題、簡単な課題の見分け方

まとめ

10歳の子供に

任せられる→簡単な課題

任せられない→複雑な課題

複雑な課題、簡単な課題

日常生活動作(ADL)の指標にFIMと言うものがあり、その中の認知項目では複雑な課題が出来るか?簡単な課題すらできないか?っを判断する必要があります。

正直なんか漠然としていたよく分かるような、分からないような・・・?

そこでいつも私は自分に10歳くらい、イメージは小学校3年あたり、の子供がいると妄想して判断しています。実際は欠片もいません。

10歳の息子に任せられるか

10歳の子供に例えば服薬管理や金銭管理を任せられますか?

おそらくたいていの人は無理!と答えるでしょう。何故なら複雑、難易度の高い課題だからです。

でもベッドにいてね、とかベッドから離れる時はベル(ナースコール)鳴らしてねという課題はどうでしょう。おそらく10歳くらいなら出来る簡単、難易度の低い課題です。

個人的にこの10歳くらいが肝心です。6歳とかの小学校低学年だと簡単な課題も難易度が上がります。でも小学校高学年くらいなら出来ると思います。なので10歳がキモです。

このように妄想すると案外複雑な課題・簡単な課題の見極め方は楽です。ご参考ください

以上です。

妄想力がキーポイント

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 為替ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村