医学雑談

高血圧対策:減塩はそこまで効果なし

まとめ:下がっても5mmHg くらい

高血圧の生活指導で必ず上げられる『減塩』。

でも少し減らしたところでそこまで効果ありません数値にして5くらいしか下がりません。薄味は濃い味になれている日本人には結構ストレスですが、実は努力の割に効果は少ないです。

それよりも体重1㎏減らすと血圧は2-3下がりますでそちらの治療を優先した方が良いです。目標は10代後半~20代の体重、多くの方がこの年齢が最も痩せている、を目指すのが良いです。

では何故体重が増えると血圧が上がるか?それは心臓の負担が増えるからです。

まず我々の心臓は大人になれば基本的に大きさは変わりません。でも肥満になると体重増え、比例して血液量も増えます。増えた血液の分だけ心臓君は一生懸命押し出そうとするため、血圧が高くなります。また肥満→動脈硬化→血管が固くなるため、より血圧は上がりやすい体内環境も同時並行で進みます。

なので高血圧対策に関しては減塩よりも体重管理の方がよっぽど重要となってきます。ただ減塩⇒味が薄い⇒米たくさん食べられない⇒摂取カロリー減る⇒痩せる、という副次的な効果はあります。

高血圧はサイレントキターと言われるくらい、色々な病気の隠れた原因となっております。ただ日本人は何故か高血圧を病気とはそこまで認識していません。よく『持病はありますか?』⇒『ないです』⇒『血圧は?』⇒『高血圧って言われました』などの会話を耳にタコができるくらい私はしました。

でも治療したHIV(エイズ)と未治療の高血圧は同じ死亡率なので、実は怖い病気です。なので皆様もたかが血圧と思わずにご自愛ください。

以上です。またお願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ にほんブログ村

スポンサードリンク