医学雑談

飲酒運転:医療保険使用不可

飲酒運転は非常に重い罪です。

最近では元モー娘。の方がやってしまいましたね。

飲酒運転の罪は

1.逮捕され、刑に服す。

2.損害賠償(何千万~億単位)

そしてもう一つ

3.医療費が全額自己負担、100%です。

案外3は知られていません。

交通事故の場合、事故を起こした加害者・被害者共に大なり小なり負傷することがほとんどです。軽いすり傷から、死亡・重い障害まで様々。

車の飲酒運転の場合多いのは2つで

・エアバック・ハンドルに胸が当たり、胸の骨折、血気胸

・ダッシュボードに足が当たり、すねを骨折する(ダッシュボード損傷)

バイクの場合はもっと重症になる事が多く、自動車よりも死亡率、ケガの程度も高くなります。やはり生身で地面に叩きつけられたり、放り出されたりするので。

交通事故の場合は自賠責及び民間保険で大部分はカバーされますが、飲酒運転の際はこれらの保険の対象外となります。

また自賠責や民間保険の支払い・加入していない場合、健康保険(3割負担)が適応させます、でも飲酒運転の際は健康保険の対象外となります。

どっちにしろ、結局全額自己負担です。

被害者からの損害賠償請求でも、飲酒運転は多額になります。それに加え医療費を自己負担するのは相当キツイです。

一応負債の際の最終奥義に『自己破産』があります。

しかし自己破産は犯罪やギャンブルなどで生じた負債は適応になりません。なので自己破産も飲酒運転では適応外です。

そんなの全部許してたら「どうせ自己破産すりゃいいんだろ、知るか!?」っとモラル崩壊してしまいますので。

飲んだら乗るな、飲むなら乗るな。

タクシー代や代行サービスなどの小さな出費をケチってはいけません。医者としてもやめていただきたいですね。

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 為替ブログへ