医学雑談

救急:雨が降ると暇になる??

☆救急外来=戦場☆

夜間や休日の救急外来は戦争です。地獄とも言います。

事前情報の無い患者が次から次へとやってきます。

しかも人員も限られているため、正確に・すばやく診察することが大事となってきます。

さばかないと、どんどん溜まってきます。

中には待ち時間が長いとキレる人もいます。

そんなに元気なら帰れっと思うことも。人間ですから。

☆救急外来は中継ぎ投手☆

救急外来=日中の病院っと思っている方が多いと思います。

でもそれは違います。救急外来の仕事は、

明日の病院への、ただのつなぎです。中継ぎ投手みたいなものです。

暴論ですが、明日までに患者が悪化・最悪死んでなければいいのです。

(救命救急⇒命を救う、急いで救うっという意味です。)

また専門医がいつもいるとは限りません。

耳鼻科医が骨折診る、小児科が大人診る。ごく当たり前の現実です。

医者も実はみんな不安を抱えて診察しているのです。

☆田舎の救急外来=大地獄☆

私は田舎の3次救急の病院にいました。

救急外来には1次から3次まであります。

3次とは最重症、生死の境の患者が運ばれて来る病院です。ドクターヘリもあり、ドラマのコードブルーみたいな感じです。(まぁ~山ピーやガッキーみたいな美男美女はいませんでしたが)

でも普通に包丁で指切ったとか便秘だとか、なんでも来ます。

田舎の救急外来は、特にお盆や年末年始が地獄です。

普段なら町医者にかかる人まで全員来ます。あと里帰りで一時的に地域の人口が爆増します。

いた病院は、最初の診察は必ず研修医がやりました。

1日に120人を研修医2人でさばく時も。

夜間は患者減る代わりに、日中は1時間で10人くらい患者が来ます。

待ち時間2時間、なんてザラです。

☆雨様、雨様!!☆

ただ雨が降ると、面白いくらい患者が減ります、止むとまた増えます

これは救急あるあるです。軽症が一気に減ります。

雨の中行く面倒さ・だるさ >> 病気。若干ムカつきます(笑)

あと『今日は暇、落ち着いてますね』と言うと患者爆増します。

これも救急あるある。決して言ってはいけないあのお言葉 ただのフラグです。

 

ではまたお願いします。

Twitter:https://twitter.com/drsashimi1

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

 医学ランキング

スポンサードリンク







関連記事:急性アルコール中毒https://drsashimi.com/急性アル中