脱線

逆潜流:離岸流と同様に海水浴で気を付けるべし

まとめ:なによりも落ち着くこと

海水浴の季節となりましたが、毎年必ず起きるのが海難事故です。日本は海に囲まれた国のため諸外国に比べてかなり海難事故数が多いです。

海難事故、特に海水浴で起きる原因は離岸流と逆潜流です。

離岸流は比較的有名で、20-30mほど一気に沖に流される水の流れです。多くの場合パニックになり、陸地に向かおうと泳ぐうちに体力を消費をして溺水してしまいます。

離岸流は流れの速度・距離は長いのが特徴です。離岸流の流速は2m/s近くと、競泳のオリンピック選手並みなので一般人は絶対に逆らって泳げません。ただ離岸流の範囲は狭く、横幅は数mです。なので陸に向かわず真横に泳ぐのがポイントですが、意外と横に泳ぐのって難しいのです。海はプールと違い風・波・海流もあるので正しい方向に泳ぐのは困難です。泳げないなら背泳ぎの姿勢で浮いていた方が体力温存され救命率も上がります。浮いてじっくり待ちましょう。

そして忘れてはいけないのは逆潜流です。これは海面から海底に潜り込む流れです。よく怪談で足を引っ張られて亡くなった、という原因になる流れです。

「逆潜流」の画像検索結果

©フジテレビ

逆潜流の流速は3-5m/sであり人類は決して逆らえない流れです。しかも足をひっぱられる・すくわれるように海底に引き込まれますので、パニックになり海水を飲んでしまいます。我々は海水を呑み込んで一気に気道が塞がると、気絶します。そして亡くなります。

逆潜流は速度は速いですが、距離はすごく短くたいてい5-10m以内です。対処法としては息を止め、流れが収まったところで浮上することです。その間10秒程度と短時間であり、多くの人は息止めできる時間です。なによりもパニックにならないことがポイントです。そして『離岸流』『逆潜流』という現象があることを知っておくことが重要です。

以上です。またお願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ にほんブログ村

スポンサードリンク