人体・臓器

輸血の値段~結構お高い~

輸血自体は有名な医療行為です。でもその値段はかなり高価ですが、あまり知られていません。

予備知識として医療機関では血液200mlを1単位とし、200㎖から生まれる血液製剤も1単位と呼ばれています。1単位は献血ルームで採血される最小単位とされています。でも通常は400ml、つまり2単位献血するのが一般的です。

さて善意で集められた血液は

①赤血球

②血小板

③血漿

の3つに通常分けられ製剤化します。また血液は生ものなので、冷蔵冷凍されて病院に届けられます。

さて①-③の1単位あたりのお値段は

①赤血球:8864円

②血小板:7875円

③血漿:8955円

8000円前後します。

でも通常は赤血球は2単位(17726円)、血小板は血液中の数が少ないので20単位(159733円)、血漿は2単位(17912円)使う事が多いです。

 

価格には製品化や輸送などのコストが反映されています。

また血液は生ものなので、使用期限が厳格に決められています。

①赤血球:21日

②血小板:4日

③血漿:1年(唯一冷凍可なので)

いまだ人工的に血液を作れないので、常に新鮮な血液、献血が必要です。また人工血液が出来れば大幅なコスト低下も見込めます。期待するばかりです。
以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 為替ブログへ