医学雑談

脊髄損傷:人工呼吸器の外し方

前回は脊髄損傷患者でも案外人工呼吸器は外せると書きました。☆リンク☆

今回は具体的な外し方をざっくりと。詳しくは成書やガイドラインに任せます。

そして人工呼吸器の外し方ですが、

外してみる。以上!!

・・・少し詳しく述べていきます。

まず最初に人工呼吸器の助けを少しずつ減らしていきます。

ただ人工呼吸器使用=自分の呼吸機能休んでいた状態です。いきなり人工呼吸器止めて自分の呼吸だけで生きていくのは、準備体操せずにダッシュするようなものです。まずは準備体操・ウォーミングアップをする必要があります。

具体的には、

①酸素濃度下げる(医学的にはFiO2↓)

②助ける頻度減らす(サポートモード)

などを行っていきます。

外さないと外れない

そして①②が進んでいったら、実際に人工呼吸器を止めるor抜きます。

これをSBT(Spontaneous Breathing Trial:自発呼吸トライアル)と言います。

最初は15分程度外します。その後30→60→90→120分と時間を延ばしていきます。120分、2時間外して問題なければ大きな問題は無いので、人工呼吸器をやめる(離脱)ことができます。

まぁ~30-60分のSBTで問題なければ、個人的には人工呼吸器止めてる事が多いです。これはケースバイケースです。

つまり実際に外してみないと、外れるか分からないのです。

睡眠時無呼吸症候群には注意!

SBTが問題なくても、一つだけ注意が必要です。

それが睡眠時無呼吸症候群(通称SAS)です。

脊髄損傷患者のマヒは手足だけでなく、首・ノドでも起きます。そのため睡眠時無呼吸症候群になりやすいです。また夜間に睡眠時無呼吸症候群は起きやすいです(睡眠時、なので)。

そのため日中のSBTが問題なくても、夜間の呼吸状態のチェックは必須です。人によっては睡眠時無呼吸症候群が重症のため、人工呼吸器外れないケースもあります。ご留意ください。

今日はここまでにします。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 為替ブログへ