医学雑談

病院でなぜ同意書を書くか。実利。

同意書を病院ではよく書かされます。または説明書を手渡し。

医療ミスが大々的に報道されるため、そして患者の意思決定尊重のためなどなどの理由があります。皆様も大変でしょうが我々医療者も単純に仕事増えるので辛いです。病院によってはメディカルアシスタントという、補助員の方に代行してもらう場所もあります。

さてこの同意書ですが、何故取得するか。

それは医療ミスが発生し裁判になった際に、多少の効果(減免)が医療機関にあるからです。患者の意思尊重なんて言っていますが、ほぼ違います。保身です。

てか患者本人もヘタしたら命かかる医療行為なのに、読みこんでいる・理解している人は少数派です。減免と書きましたが、完全に医療ミスを帳消しにできるものではありません。

サインしたから、医者は治療を適当でいいや。なんて言ったらモラル崩壊です。サインがあろうがなかろうが、失敗したら業務上過失です。裁判起こされたら、医療機関が完全な無罪、は基本的にありえません。

ではなぜ同意書を取るか。

それは裁判を未然に防ぐための抑止力です。

そもそも医療裁判は患者に比べ医療知識があり、証拠も持っている病院側が、実は圧倒的に有利な立場にあります。なので医療裁判は基本的に患者側敗訴または大幅な減免が相場です。

それに加え『だって同意書にサインしたじゃん』という病院側の主張は、結構威力あります。汚い言い方だと『同意したあなたもリスク知ってたでしょ』と、ある意味責任転嫁が出来るのです。

そして示談を含め、裁判そのものを起こさせない方向に持っていくことができます。

ぶっちゃけ裁判は想像以上に時間と労力を伴い、評判も悪くなるので、医療機関は避けたいのです。その為の一つの予防線が『同意書』です。

今日は少しダークな話題でした。

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク







Twitter:https://twitter.com/drsashimi1