医学経済

点滴のお値段

まとめ:ピンキリ でも意外と高い

皆さんの中には点滴したことある人もいるかと思います。実は点滴の中身で値段も結構違います。点滴の成分は大部分は水で、それにナトリウムやカリウムなどの添加物を目的によって配合します。

以下は主に病院で使う点滴・成分と値段です(500ml辺り)

・生理食塩水(Na/Cl):179円

・ぶどう糖液(ぶどう糖):174円

・蒸留水:163円

・ソルアセトF(Na/K/Ca/Cl/酢酸):130円

(Na:ナトリウム、K:カリウム、Ca:カルシウム、Cl:塩素)

後発品とはいえ、細胞外液≒OS-1(点滴で一番用いられる機会が多い)であるソルアセトFが安すぎる気もします。色々入っているのに。

それよりも、ただの食塩水・砂糖水・水が結構いい値段ですね(こんなこと言ったら怒られますが)。滅菌処理うんぬんかんぬんの為に高いのでしょうね。家で頑張れば5円くらいで作れそうですが。

もし入院し飲食できない場合、1日3本くらい使いので500円近く毎日します。日と月で15000円→3割負担で4500円。チリも積もればですね。

やはり水ものは高いですね。水商売とはよく言ったものだ。

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

Twitter:https://twitter.com/drsashimi1