未分類

日本人はサングラス嫌い、外国人はマスク嫌い

まとめ

眼で判断する日本人

口で判断する外国人

コロナ対策ではマスク及び手洗い・アルコールなどの有効性は医学的に認められています。にも拘わらず外国人、特に欧米人はマスクしている人はかなり少ないです。

顔文字での違い

昔から日本人は眼でその人の表情を読み取ります。そのためことわざに『眼は口ほどにものを言う』とあるくらいです。なので無機質なメールで用いられる顔文字も日本人は眼で表現します。

例えば(#^^#)嬉しい、( ;∀;)悲しい、(?_?)分からない。

一方外国では口の動きでその人の表情・親密度を判断します。これは顔文字でも同じで、外国人の顔文字は横長で口で感情を表現します

:) 嬉しい、×D すごい嬉しい、:( 悲しい、

全く日本とは概念が違います。特に外国の、すごく嬉しい、なんてノックダウンしているようにしか見えません。

日本:サングラス嫌い

外国:マスク嫌い

日本人は眼で表情を読み取るので、眼が見えなくなるサングラスへの嫌悪感は一定数あります。一般的にはサングラスをつけている人は怪しい奴、警戒の対象です。

一方外国は口が見えないマスクをしている人が警戒の対象です。マスクをしている人は重傷者かテロリストです。なので欧米ではマスクが気嫌いされています。

でも今回のコロナ対策を考えると、もうマスクが必要、コロナにはマスクっと全世界的に周知されているので装着してもらえると感染拡大の大きな一歩となります。以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)

  にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 為替ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村