投資・資産運用

持ち家vs賃貸 私見

まとめ:どちらも一長一短。でも私は賃貸派

持ち家vs賃貸。おそらく今後も永久に議論が続けられるでしょう。

そもそも、ずーーっと議論されている=どっちかが優れているわけではない、結局は個人の好みということです。でもそれだと話しが終わってしまうので私見を述べたいと思います。

個人的には賃貸派であり、少し賃貸の利点をプレゼンします。決して持ち家が悪いという意図ではないです。

①自由

これが私が賃貸にする最大の理由で、ライフスタイル・ステージに合わせて乗り換えが可能なのが魅力的です。

私は今妻との二人暮らしなので1LDKあれば十分です。でも子供が出来れば2-3LDK必要になります。そしてその子供が巣立ちまた夫婦になったら1LDK、もし妻に先立たれ独りになったら1Kでもいけます。または老夫婦で高齢者住宅や老人ホームに移るのもありです。ライフステージによってフレキシブルに間取りを変えられるのはすごく魅力です。

また医者は若いうちは特に転勤が多く、半年~1・2年毎に異動なんてザラです。3-4年同じ病院にいると『先生はこの病院長いね~』なんて言われるくらいです。夜や休日時の呼び出しに備えて病院の近くに住む必要があるので、必然的に賃貸の方が利便性が良く持ち家は不便です。

あと持ち家はご近所トラブルや子供のいじめの際に逃げづらい欠点もあります。

②ローン=借金 移動・職業選択の不自由

持ち家は基本的にローンを組んで購入する方がほとんどです。でもローンを組むと転職・退職の自由が制限されます。やはり固定費として毎月ローン支払いがあるのはネックです。返済滞ると今まで払った分+家没収ですからね。

またローンは結局借りた金の1.5-1.8倍はトータルで払うため、銀行が儲かるのでむかつきます(笑)。あいつら0.1-0.01%なんてタダ同然の安い金利で預金集めておきながら、0.5-1.0なんて金利で貸し付けてきます。悪い奴らです(笑)。あとローンを組む時は団信(団体信用生命保険)にも入らされます。内容は世帯主が死亡時に生命保険から残りのローンが支払われます。つまり死んだら生命保険で払え!と言うことです、ヤクザかな?

賃貸には賃貸料と更新手数料がかかります。これは確かにネック。でも交渉次第で安くはなりますし、気に入らなければ引っ越せば良いのです。特にこれからの日本は人口減少時代、必然的に部屋は余るので需要ー供給の関係で価格競争が起きるのは必然。支出が固定、つまり生活が固定化されるのでローンは嫌い。

でもローンも実は悪いことだけではありません。インフレに強いのです。この世は基本的に物価が右肩上がりのインフレの世界です。てかそれが普通で少し前に日本であったデフレが異常です。今の1万円が将来のどの1万よりも価値がありますので、早めに借金することは悪いことでは無いです。まぁ~金利次第ですが。

③資産になるのか問題

必ずセールストークで用いられる文言『持ち家は資産になります、困ったら売れば良いのです』は嘘ではないが誇張ではある

まず一軒家でもマンションでも新築に1度でも住んだら中古になり2-3割価値は下がります。後は年毎に数%ずつ下落していきます。そして築30年ともなれば1/4~1/5、モノによっては0は覚悟しなければなりません。でも売れるだけいい方です。

持ち家は資産派が必ず考慮しなくてはならないのは『流動性』です。流動性とは売買が活発かどうかという意味です。当然ですがあなたが家を売りたいときに、それを買ってくれる人がいなければ絶対に売買は成立しません。築20-30年の物件、あなた欲しいですか? 欲しくなければ買いたたかれます。なので過度に持ち家=資産とは思わない方が良いです。それこそ捕らぬ狸の皮算用です。

①-③まで私見を述べてきましたが、持ち家か賃貸、それを決めるのはあなた自身です。でも『なんとなく』や『周りも購入しているし』、『一国一城の主』などという無責任な言葉に左右されない方が良いです。高い買い物なのでしっかり下調べした方が良いです。

もし買うならマンションか一軒家ですが、これも激しい論争が巻き起こります。個人的にはマンションよりも一軒家をお勧めします。マンション、特にタワマンは色々と大変です☆関係記事リンク☆ 絶対にお勧めしないです。詳しくは今後述べていく予定です。

以上です。またお願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ にほんブログ村

スポンサードリンク