医学雑談

廃用:1日寝込む=1歳老ける

まとめ:1日で減る分=自然に1年で減る分

廃用。元々は英語でDisuse=不使用、を日本語に起こしたものです。(医療者向け:実は廃用症候群にはしっかりとした診断基準があり、ADLを評価するFIMが115点、Basel Indexが85点以下を満たす必要があります。)

廃用とは簡単に言うと、体を使わなくなって様々な臓器・筋肉・関節の動きが悪くなることです。でもこの廃用は高齢者だけでなく若い人でも起きます。代表的なものが骨折した際のギブス固定です。経験したことある人ならわかるかと思いますが、恐ろしいくらい筋肉が減り、関節可動域が減ったと思います。

そして高齢化社会を迎えた日本では、この廃用は非常に重要なテーマです。

なぜなら高齢者は病気になりやすく、活動量が低下してしまい簡単に『廃用』になってしまうからです。最悪寝たきり・死亡コースです。

1日ベッドにずーっと寝ていると筋肉量は1%減ると言われています。(昔健康な成人捕まえてきてギブス固定し、筋肉量の変化を調べる研究がありました。あまりにも減りすぎたので2週間で研究中止となった逸話があります)。

そして我々人間は30代をピークに1年毎に1%ずつ筋肉量が減る生物です。なので1日寝続ける=1歳年取るのと同義なのです。年を取る=確実に死へを近づく危ない状態なのです、実は。

でもご安心を。この廃用は予防するのはすごく簡単です。1日に最大筋力の30%の運動すればいいだけなのです。筋トレしたことある人ならこれがどれだけ軽い負荷か分かるはずです。ほぼ立ったり歩いたりする程度の負荷量です。

でも一回落ちてから、復活するのは大変です。リハビリの世界では休んだ時間の3倍、元通りにするのに時間がかかるとされています。なので何よりも予防することが重要となってきます。

廃用は『なんとなく休んでいるだけ』と思われがちですが、実は筋力低下⇒寝たきり⇒死亡率上昇をもたらす恐ろしい病なのです。ご注意を。

以上です。またお願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ にほんブログ村

スポンサードリンク