水泳

平泳ぎ:ナムナムキック

私は平泳ぎが絶望的に遅く、100mで他より10秒近く遅いです。逆になんで平泳ぎの選手はあんなに速く泳げるのかといつも疑問です。

基本的に水泳のS1(Style1 専門種目)はその種目のキックの良し悪しで決まると思っています。特に平泳ぎは他の種目とは全然違う動作です。他のキックが基本的に足は進行方向に対して上下運動(縦)、足の甲で主に水を押し出します。でも平泳ぎだけは足が水平運動(横)であり、足の裏で水を蹴って進みます。それだけ他とは違い、特殊性が強い泳ぎです。

でも最近個人的に個人メドレーをやってみようかと思い始めています。やはりバランスよく体を鍛える&種目が変わるので飽きない&泳いだ距離数えるのが楽(笑)ためには、個人メドレーがぴったしです。

泳げる知人に教わったのが『君は足を引き付けが下手、足の裏と裏を合わせるようにしな』っと助言いただきました。勝手に『お手手のシワとシワを合わせて幸せ、な~む♪(年がバレる)』からなぞらえて『ナムナムキック』と呼んでいます。

ただしあまりにも裏と裏をくっつける過ぎると股が開いてしまうので、カカトはくっつけない方が良いように思います。まぁ~キック遅い私が偉そうにコメントするものではないですが。

とりあえずこの夏は『ナムナムキック』で泳ぎこんでみて、成果あるか見ていきたいと思います。

以上です。またお願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ にほんブログ村

スポンサードリンク