医学雑談

尿 最大のリサイクル

以前ステロイド②で尿の話をしました。今回は少し尿について掘り下げたいと思います。

尿はまず原尿というものが腎臓で作られます。

その量は1日200Lと膨大です。でも実際に排泄される尿は1.5Lほどです。

実に99%はリサイクルされます。

尿は血液から作られますが、血液は体重の1/13(8%)と言われています。

なので体重60kgの場合は約4.6Lになります。

このうち液体成分(血球以外、血漿)は大体6割なので、約3Lとなります。(血球は基本的に原尿にでません)

つまり200Lの原尿作るには、3Lの血漿を実に66回も排出し、リサイクルする必要があります。

この排出をろ過、リサイクルを再吸収と呼びます。

 

この再吸収はかなりのカロリーを消費します。

再吸収は腎臓で行われますが、腎臓は基礎代謝の約8%を消費します。

でも重さは二つで300gほどで、体重の0.5%ほどです。

いかにカロリー使っているかが分かります。

 

でもなぜ一回全てろ過してから再回収するのか?

最初から要らないもの選んで捨てればいいじゃんっと思うかもしれません。

理由は簡単で、人体に不要・有害なもの>>必要なものだからです。

老廃物・毒・重金属など、人体に有害なものは必要なものに比べ圧倒的に多いです。

しかも種類も豊富。更に科学の進歩によって自然界に存在しなかった物質まで出てくる始末です。

それにいちいち個別対応するぐらいなら、最初に全部捨てて、要るものだけ回収した方が圧倒的に効率が良いのです。

これらを腎臓は1日66回も血液を回転させて浄化してくれています。

しかも24時間365日、死ぬまで。

これだけ働く腎臓君。皆さま大事にしてあげて下さい。

 

ではまたお願いします

<Twitter:https://twitter.com/drsashimi1

スポンサードリンク

医学ランキング

関連記事:高血圧~塩の快楽~https://drsashimi.com/高血圧② 塩の快楽

次回:https://drsashimi.com/病院の長い待ち時間の理由 ‎