人体・臓器

基礎代謝の90%は脂肪燃焼

まとめ

燃料として優秀

我々が何もしなくても消費するカロリーを『基礎代謝』と言います。そのカロリーは大体1600-2000キロカロリーくらいですね。

イメージだと糖質で動いてそうですが、実はその9割は脂肪の燃焼で賄われています。

糖質の在庫は少ない

糖質は代謝スピードが速く、酸素が無くてもエネルギーを取り出せる『スプリント』タイプのエネルギーです。でも多く貯めようとすると浸透圧の悪影響(分子量が小さい)が脂肪よりも多くあまり蓄えられません。

糖質は筋肉・肝臓・血液に主に蓄えられており、量としては筋肉に300g(1200キロカロリー)、肝臓100g(400キロカロリー)、血液は20g(80キロカロリー)となっており、豪駅で1600キロカロリー程度です。

なので糖質で基礎代謝カバーするとしようとすると、1日で枯渇します。枯渇してしまうと例えば筋肉なら素早く動くことが出来ないので、自然界だったら食べられてしまいます。

貯蓄専門の脂肪

脂肪は酸素が必要であり、β酸化という代謝をするためエネルギーを取り出すのに時間がかかります。

でも脂肪は分子量が大きいため浸透圧が上がりにくい、またモル数当たりのエネルギーも大きいので貯蓄に最適です。

60㎏の人なら大体10㎏前後脂肪が蓄えられており、燃焼させると72000キロカロリーとなり基礎代謝16日分程度に当たります。糖質の1日に比べて長時間生命維持に役立ちます。(ちなみに1gの脂肪は9キロカロリーですが、1gの体脂肪は7.2キロカロリーとなります。体脂肪は純粋100%の脂肪ではなく、細胞成分(水分・タンパク質)が含まれているため7.2キロカロリーとなります。)

基本的に我々の体は飢餓を想定しています。今のようにちょっと歩けば食糧があるのはここ50年くらい、しかも先進国くらいです。人類の歴史では圧倒的に飢餓の期間が長かったため、人体も長期利用可能な脂肪で基礎代謝をまかなうようになりました。

基礎代謝の9割を脂肪燃焼が担っているのは、そんな人類の進化の歴史があるのです。

 

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です

にほんブログ村 ダイエットブログへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ   PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村