医学

個人的オススメの花粉症薬

まとめ

成人:アレロック・ザイザル

高齢者:クラリチン・デザレックス

喘息患者:アレジオン

諸刃の刃:ポララミン

花粉症の薬っていっぱいありますよね。というよりもあり過ぎる。

次から次に出て来るので、医者も正直ついていけていない場合もあり。また製薬会社も古い薬・ジェネリックよりも新薬の方が儲かるので積極的にアピールしてきます。案外話聞くのもだるい。みんな似たり寄ったりだし。

さてそれはどうでもよく、個人的なおススメの薬をつらつらと述べていきます。あくまで個人的ですのでよろしくお願いします。

1日1回が主流

服薬の手間、ちゃんと飲んでくれる(服薬コンプライアンス)からは1日1回の薬が今は主流です。人間やっぱり忘れやすい生き物なので

そうすると1日2回のアレグラやタリオンは少し出しにくい。

夜飲むのが良い

個人的に花粉症の薬は夜、寝る前に飲むことを勧めています。

①夜飲めば就寝中にしっかり薬が効くので熟睡感が得られる。

②花粉は明け方~午前中に多く飛ぶので、その時に薬がしっかり効いている方が良い。

③夜は花粉も少なく、風呂・シャワーで花粉を洗い流せるので夜に血中濃度が低くても問題が少ない。

などの理由で夜を勧めています。

朝飲むと就寝時に効果が切れていたり、花粉が多い明け方~午前中に効きが悪いことがあります。

ただ多くの他の薬を朝に飲んでいる場合、1つだけ夜に飲むことになるので服薬コンプライアンスはやや低下する懸念もあり。

患者層別のおススメ

全くもって個人的なおススメです。あしからず

①成人

特に基礎疾患なども無いような方にはアレロックを出します。この薬は1日1回でよく、効果も第2世代のH2ブロッカーでは比較的高いです。掻痒感に対しても効果があるのが個人的に良い。アトピーなど、花粉症で増悪しやすい人にも使いやすい。

②高齢者

高齢者は副作用の眠気やふらつきが出やすいので、クラリチン・デザレックスのような効き目と副作用のバランスが良い薬を処方します。またデザレックスは薬が小さいので飲み込みやすく、飲み込み機能が落ちた高齢者に使いやすいです。

③喘息患者

ぜんそくの患者にはアレジオンを出します。アレジオンは気管支喘息に適応のある珍しい抗アレルギー薬です。ヒスタミンだけでなく、喘息に関与するロイコトリエンもブロックするためと考えられています。

④諸刃の刃

ここまで述べてきた薬は副作用を減らした第2世代と言われています。でも薬の効果自体は副作用の比較的でやすい第1世代の方が総じて強いです。

有名なのがポララミン。非常に古い薬ですが効果抜群、小児にも使える使用経験と安全性もあり良い薬です。第2世代で効果が乏しい時に頓服(症状が強い時にお助けマンとして内服)することがあります。ただし高齢者では眠気・めまいが出やすいので注意。まさに諸刃の刃。似たものにジフェンヒドラミンがあります。これは内服よりもかゆみ止めとして塗るレスタミン軟膏として使うことが多いです。

こんな感じで患者毎に薬を選んでいます。最後にまとめですが、

成人:アレロック・ザイザル

高齢者:クラリチン・デザレックス

喘息患者:アレジオン

諸刃の刃:ポララミン

またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 為替ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村