医学

個人的オススメの胃薬

まとめ:とりあえずPPIかな

この世には西洋薬・漢方薬・何かよく分からない薬まで数多くの種類の胃薬があります

胃薬の中で最も効果があるのはプロトンポンプ阻害薬(PPI:Proton Pomp Inhibitor)です。プロトンとは水素イオンH+の事で、≒胃酸です。PPIは胃酸自体が分泌されるのを防ぎ胃を守ります。

ただしPPIは3日飲まないと効果が消えます。理由はPPIで一回全部の胃酸分泌細胞が不能になっても、そのうち1/3は新しい細胞に置き換わるからです。恐るべし再生能力。

正直ロキソニンなどと一緒に処方されるレパミピド(ムコダイン ロキソニンと合わせてロキムコなんて俗称も)はあまり効かないです。粘液分泌を促進するらしいですが・・・。

ガスターなどのH2ブロッカーは若干下火。やはりPPIが効きすぎる。

漢方は・・・よく知りませんm(__)m

胃酸中和してもすぐに胃液は分泌されるし、生薬で胃の働き活発≒胃酸分泌だからあまり良くない。議論が必要。

とりあえず胃薬で医師がよく使うのはPPI、有名なのはランソプラゾール(タケプロン)、ネキシウム、パリエットですかね。特殊なのがオメプラゾール。唯一注射薬があるので救急現場で重宝。

個人的にはランソプラゾールが使用経験も豊富でジェネリックが出て安い、OD錠(口腔崩壊錠、唾液と混ざり溶ける)があるので1番に使っています。小児というレアケースではネキシウムも使います、あまり登場はしないですが。

まぁ~使用時にはお近くの病院に聞いてください、個人個人で最適な薬も変わってくるので。免責事項。

以上です。またお願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ にほんブログ村

スポンサードリンク