人体・臓器

三角筋>大胸筋

全身には多くの筋肉があります。当然大きい筋肉・小さい筋肉があります。人体で一番大きい筋肉は大殿筋(だいでんきん)です。お尻のふくらみを生み題している筋肉です。

では上半身ではどうでしょう

有名な腹筋・背筋や見た目大きそうな大胸筋よりも、肩のふくらみを作る『三角筋』の方がサイズはデカいです。

実は人間を四つん這いにしたときに、上半身で先の大殿筋に当たるのが三角筋になります。2足歩行に進化する前、4足歩行時に体重を支える役割があったので三角筋・大殿筋は大きくなる必要があったのです。その名残が今でもあるのです。

また他の説としては立っている状態で腕を支え続けるために、肩の筋肉が大きくなる必要性が生じたとも言われています。

先入観(大胸筋>三角筋っぽい)って当てにならないですね。以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

Twitter:https://twitter.com/drsashimi1