リハビリ

リハビリは弱小企業??

前の記事でも書きましたがリハ専門医の数は少ないです

(リハ1930vs整形外科17000 完敗)

 

これは現在の数です。

でも将来の医師の数も少ない予想なのです。専門医には基本19領域というのがあります。

内科や外科、小児科などよく目にする科が入っています。リハビリ科もしっかり入っています。

しっかりと。本当ですよ。

でもH28研修医へのなりたい科は何?と

いうアンケートで

 

リハビリ科は堂々の下から2位(0.4% 約20人笑)

( ;∀;)

 

下は臨床検査のみ。

ちなみに一つ上は病理の0.9%です。

病理にダブルスコアはショックでした。

漫画フラジャイル効果か!!??

〈補足:病理とは顕微鏡などを用いて病気の確定診断をする科です。医療界ではレントゲンや採血などは参考所見です。たとえレントゲンやCTで癌っぽいものが見えても癌の『疑い』です。病理診断をもってのみ確定となります。その点ではすごく重要。リハビリ科同様人手不足に悩んでいる〉

 

でもリハビリ科希望者が少ない最大の理由は、そもそも学生時代に見ないからです。

全国に医学部は沢山ありますが、

半数近くにリハビリテーション科の教室自体が無いのです。

教室とは医者の集まり、サークルみたいものです。

医学部での診療・研究・教育を担っています。

ちなみにこの教室の長が、教授、という人です。

また研修医になってもリハビリ診療を経験しないのも影響します(リハ医少ないので)。

 

リハビリ医が少ない

→触れる機会が無い

→実態が分からない

→興味持たない

→リハビリ科医にならない

→リハビリ科医が少ない、の負のスパイラルが完成です。

このスパイラルを断ち切ることが大事です。幸いリハビリ希望者は年々増加してきています。大変喜ばしい流れですので、このまま続くことをねがっています。

では、またお願いします。Twitter:https://twitter.com/drsashimi1

Twitter:https://twitter.com/drsashimi1

スポンサードリンク

医学ランキング