リハビリ

リハビリ内容~理学療法~

リハビリには大きく分けて3つの訓練があります。

①理学療法②作業療法③言語聴覚療法です。

今回は①の理学療法について述べていきます。

実は訓練自体は①、②、③で結構オーバーラップしています。

ここではざっくりと。

 

理学療法を行う人を理学療法士と言い、通称PT(Physical Therapist)です。

療法士では最大派閥で、全国に約12万人います。

皆さんが一番関わる可能性の高いリハビリスタッフです。

 

理学療法は簡単に言うと、『移動のリハビリ』です。

なのでメインターゲットは主に下半身です。(上半身も診るが)

移動とはベッドから起き出る(厳密には寝返り・起き上がり・座る・立つ)、

院内を歩く、階段を上り降りする、屋外を歩くなどを指します。

その際に介助が必要か、息苦しくないかなどを注視し進めていきます。

そして運動負荷は的確か?、杖があった方が良いか?、何か歩行用の装具(いつか詳しく書きます)が必要か?などを判断していきます。

訓練内容はストレッチやマッサージ、筋トレ、歩行&階段訓練などですね。

詳しく書くと教科書1冊かけるので、興味ある方は理学療法・訓練内容でググってください<m(__)m>

 

移動がなぜ大事か。それは移動能力によって退院先がほぼ決まるためです。

普通の杖や松葉杖なら、患者・家族は自宅退院にそこまで抵抗は無いです。

でも歩行器(手押し車みたいなもの)、そして車いすはかなり抵抗感が強いです。

それもそうです。日本の住宅は狭く、車いす通る事が想定されているわけがないので。

また日本独特の靴を脱ぐ文化の為に、玄関と廊下の間には段差が普通あります。

これを上がり框(あがりかまち)と言います。

車いすはもちろんの事、足腰弱った人にとってこの段差は結構辛いです。

他にも日本の住宅は浴槽が深い、床や畳が滑るなどの欠点もあります。

日本の住宅はリハビリ的には、基本優しくないです。(別の記事で詳しく述べる予定です)

なので余計に移動能力を上げる、正しく評価する理学療法が重要となってきます。

必要時にはスロープ作ったり、レンタルの介護用品を揃えたりします。

 

ではまたお願いします。
<Twitter:https://twitter.com/drsashimi1

スポンサードリンク

医学ランキング

関連記事:作業療法https://drsashimi.com/リハビリ内容~作業療法~