リハビリ

リハビリが出来る期限

たまにはまじめな話しを。

皆様の多くは、リハビリが出来る期限を知りません。

実は全て、保険で決まっています。

しかも病気によって細かく決められています。

具体的には発症または手術してから、

①脳卒中(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血):180日

②運動器(骨折・リウマチなど):120日

③心大血管(心筋梗塞・大動脈解離など):150日

④呼吸器(肺炎・COPDなど):90日

⑤廃用(その他):120日

です。特に②の運動器は注意です。

1回目の手術で入れた、プレートやネジを抜く『抜釘術』があります。

でもこれは手術として扱われません。全身麻酔するのになぜか。

なんで?、は国に聞いてください。何故かそうなのです。

なので最初に骨折を治した時から、150日以内がリハビリ期限です。

とは言ったものの、これらのリハビリ期限を超えても、実は延長は出来ます。

でも延長するためには、医学的相応の理由が必要であり、またリハビリ時間数も削減されます。

1か月で13単位=4時間20分のみしかできません。

これはリハビリ時間としてはかなり短いです。

週に約1時間計算。

1週間は24×7=168時間なので、1時間リハビリしてもそれは0.6%程度。

ほぼ意味無いです。

そもそもなぜ、保険で期限が決められているか。

それは医学的にそれ以上やっても、回復が乏しいからです。

リハビリは万能・神様ではありません。

必ず元通りに回復できない所はあります。

それを後遺症と言います。これは避けられません。

でもこの後遺症をいかに減らすか、あってもいかに影響を減らすか、影響があっても日常生活に支障を来たさない・代わりの動作を考えるかがリハビリです。


常に受け身の医療とは違い、患者も医者も 頭をウンウン悩ませ考え、試行錯誤するのがリハビリの醍醐味です。

個人的に治す気の無い患者は、治す気ないです。

患者が『治したい』と願い、我々が『サポートしたい』と思えるのが最良の患者ー医者関係です。

そう考えるとリハビリに来る人はやる気に満ちています。

やっぱりリハビリは楽しいですね。

もっと皆さんに興味持って頂き、リハビリ医学を知ってもらいたいですね。 励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ

スポンサードリンク

Twitter:https://twitter.com/drsashimi1