医学雑談

メニエール病になってみて:実体験より

まとめ;早期診断・早期治療がカギ。Time is money!!

先日突然の難聴で『急性低音障害型感音難聴』、まぁ~突発性難聴の1種みたいなもの、が疑われ治療受けました。その後めまいも出てきて結局『難聴先行型のメニエール病』と診断されました。メニエール病は耳の奥、内耳がやられる病気で難聴・めまい・耳鳴り・耳閉塞感が主な症状の病気です。私は耳鳴りがメインの症状ですね。

しかしまぁ~この病気は突然起きるものですね。何時何分地球が何回回った時まで全部言えます。それは忘れもしない2019年7月24日10時、診察している時に『ボ――』という低音がいきなりして『うん?エアコン壊れた?』と最初思いました。でも周りにはそんな音はしておらず、気づいてみると左耳だけに低音がしました。

まぁ~そんなこともあるかな?と放置しましたが改善することなく、耳閉塞感(耳詰まり、プールの後に水が入った感じ)・めまいが出現し始めました。慌てて耳鼻科の先生に直電、難聴先行型のメニエール病と診断されました。

幸い早期発見・早期治療(ステロイド)によって難聴は改善しましたが、まだ耳鳴りと浮遊感はあります。耳鳴りは耳元で携帯のバイブが常に鳴っている感じ、浮遊感は飛行機が高度下げた時に起きるあの『フワッ』とした感じが歩くたびにあります。うむ。煩わしい。でも人間はすごいもので少しずつ慣れてきました。

メニエール病の原因はよくわかっておらず、薬もすごく効くものはないです。有酸素運動(少しハアハアするくらい 心拍数120前後)、それによる生活習慣改善が結局は効くとのことです。なのでボチボチ水泳を再開していく予定です。でも最初はウォーキングくらいからにしておきます。

最後に、私は医療者でしたのですぐに耳鼻科に行き適切な治療を早期に開始できました。難聴はなによりも早期に治療を開始、進行を止めることが最重要です。理想は発症2日以内、1週間たつと厳しい戦いです。治療が遅れ一度難聴が完成すると、回復は見込めず一生の後遺症となります。早期診断・早期治療、本当に重要です。

以上です。またお願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ にほんブログ村

スポンサードリンク