脱線

マンションの高層階には住まない:自己経験より

まとめ:電気・水道・エレベーター停止⇒陸の孤島。火災にも弱い

マンション、特にタワーマンションは憧れの的、一種のステータスとなっています。私は昔12階に住んでいましたので、タワーマンションというよりマンション高層階の方が適語ですね。でも今後高層階に住む気は全くありません。それは東日本大震災で懲りたからです。

・地震の時に地上より揺れる

地震発生時の震度〇〇は地上での揺れの強さです。マンションの上に行けば行くほど、揺れは増幅し個人的に1-2段階震度上がっているように感じます。イメージとして机の上に棒を立て根元を持ち揺らしてみてください。先端に行くほど振れは大きく、長くなります。

さらに最近の耐震マンションはあえて建物を揺らす(免震構造)のためより揺れます。家財道具が吹っ飛びます。

・電気・水道・エレベーター停止

これが一番きつかった。

ガスを除き高層マンションのライフラインは電気によって支えらえています。上水道自体にも水圧はかかっていますが、高層階に届けるために加圧する必要があります。その際の加圧ポンプは電気で動きます。またエレベーターは当然電気で動きます。

さて東日本大震災が起きた時は非常時の送電停止、また話題になった計画停電をもろでくらいました。なので12階まで水が届かず、また買い物行ってもエレベーター停止しているので12階まで何往復もしました。当時は20代&水泳部現役でしたが、太ももがプルプルになり疲労困憊でした。往復しながら『絶対高層階には住まん!!』と心に決めました。

・火事の時に救助が遅れる

結構知られていませんが、消防車のはしご車(高層階救助用)は8階くらいまでしか届きません。それ以上の住人は非常階段かスロープで非難するしかありません。つまり下の階から出火して煙がモウモウなら非難が困難で絶望的です。上に逃げれば?と思うかもしれませんが、ケムリの方が人間が昇るより速いのでほぼ逃げ遅れます。

また当然飛び降りて逃げる選択肢も高層階にはありません。即死です。おそらく飛び降りて死なない(骨折は不可避)高さは3-4階くらいまでですね。5階になると結構絶望的です、骨折は諦め内蔵損傷防げるかにかかってきます。とてもリスキーなので私は最近は低層階に住んでいます。ただ蚊が嫌いなので、やや高い3-4階をいつも狙っています。でも最近の入居前に行われる殺虫剤が優秀なのか、低層階でも意外と虫はいません。すばらしい。

ちなみに上記以外にも高層階に住まない理由は①風が強すぎる⇒窓閉めきる・洗濯外に干せない②遮るものが周りに無いので直射日光が強い③エレベーターの待ち時間が長い④鳥がよく巣を作る・フン被害⑤景色・夜景は1週間で飽きる(笑)

以上が私が低層階に住む理由です

今日は脱線した話題でした。またお願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ にほんブログ村

スポンサードリンク