医学雑談

ベジファーストは効果なし

一時期ハヤりましたが、医学的にはあまり意味ないです。

ベジファーストとは、最初に野菜を食べ、その後、主食・主菜(米・肉・魚)を食べる食事法です。血糖値が上がりにくく、肥満防止らしいです。でも、これはあまり医学的では無いです。確かに食物繊維には糖分や脂肪の吸収を穏やか、つまり遅らせる効果はあります。

でも糖分が吸収されるには15-30分ほどかかります。これは単糖類という、糖分の中でも最も早いブドウ糖などの消化吸収スピードです。一方米やパンなどのデンプンは多糖類なので2-3時間時間がかかります。

さてベジファーストですが、野菜食べてから1-2時間経ってから、米などを食べるなら効果は多少あります。でも一回の食事で、野菜⇒主食・主菜にそんなに待つ人はいないと思います。普通は数十秒~数分だと思います。

なので消化吸収の観点からは意味無いです食べる順番変えても、間隔が相当開かない限り意味は無いです。そんなのしていたら食事時間終わります。

唯一の効能は『野菜食べて、おなか一杯になり、主食・主菜が減る』です。これなら総カロリーが減るため、減量効果はあるでしょう。でもそれくらいですかね。なんか他にあったら教えて下さい。

ではまたお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク



Twitter:https://twitter.com/drsashimi1