脱線

ブタはなぜイスラム教でタブーか

本当の理由はムハンマドに聞かないと分かりません。身も蓋も無い結論ですが。
ただ一番有力なのは『ブタ育てるのに多くの穀物が必要』、つまりコスパ悪い家畜だからとの事です。

☆穀物は貴重☆

イスラム教が発展したのは中東≒砂漠・オアシスです。小さな草などは生えますが水を大量に必要とする穀物(米・麦・トウモロコシなど)は育ちにくく貴重でした。砂漠の人々は貿易で手に入れた少ない穀物か、砂漠で育つナツメヤシなどを食べていました。

一方ブタは1kg育つのに4kg穀物が必要です。なので穀物を育てるのに大量に必要なブタはコスパが悪く、その飼育・食用を防ぐためにブタをタブーにしたらしいです。

☆反芻動物かどうか☆

では他の家畜はどうか。我々がよく食べるのは牛・ブタ・トリ、時々ヒツジですね。

トリは1㎏育てるのに2kgエサが必要です。でも飛べるので高い所の草を食べたり、虫食べたりするので飼育が楽でした。高コスパです。

一方牛とヒツジは反芻動物といって硬い草や根を食べて消化することが出来ました。また前の記事で書きましたが、牛や羊は胃の中でバクテリアを培養しタンパク質摂取出来るので穀物が無くても草だけで育つことができコスパ良好です☆牛は究極の草食動物リンク☆(無駄知識ですが歴史的にトリ・ヒツジがタブーの民族ってほとんど無いです。)

これらの理由からブタはコスパが悪く、おそらく贅沢への戒めを込めてタブーとなったと考えられます。一部ブタがガツガツ食べているのが見ていて醜かったから×となったとの説もありますが、若干主観的すぎる気がします。

ブタは確かに美味しいですが、それがタブーである文化を尊重するのも大事です。イラク戦争中にアメリカ軍が拷問でイラク兵に強制的にブタ食べさせたなんてありましたが、クズですね。皆さまはマネしませんように。

今日はここまでにします。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク

 

Twitter:https://twitter.com/drsashimi1