未分類

パンクIPA~初めての方に最適なIPA~

今回の酒はブリュードッグ、パンクIPA。

IPAとはIndia Pale Ale(インディア・ペール・エール)の略です。

ペール・エールはイギリスでよく飲まれているビールの1種です。

その中でもホップを大量に使用して作られたのが、インディア・ペール・エールです。

作られたのはほぼ偶然です。

大航海時代~近代、インドがイギリスの植民地時代の事です。

その時イギリス→インドへ、ペール・エールを送っていました。

船旅では真水は長旅で腐るため、アルコールを含み腐りにくいビールを積み込むのが一般的でした。

とは言っても、そこは船旅。長旅の間に普通のビールの一部は腐ってしまいました。

そこで保存性を高めるために、防腐作用のあるホップを大量投入しました。

そしたら『あら、美味い』となり、たちまち人気になりました。

以後そのおいしさの為、IPAは世界各地で作られ、広まっていきました。

さて今回ブリュードッグ、パンクIPAは、IPA界では有名な銘柄です。

ブリュードッグはIPAが得意であり、その中でもこのパンクIPAは香り・苦味・切れのバランスが良いです。

あえて泡を作らないのが、IPAの注ぎ方。らしいです。泡立てると泡に苦味が移って、飛んでしまうためです。

香り

グレープフルーツ+シトラス。柑橘系の香りがしっかりします。

初めて嗅いだ人は衝撃受けると思います。これ、本当にビール!?ってな感じで。

豊潤な苦味が、鼻を抜ける柑橘系の香りと一体となり、美味いの一言です。

キレやのど越しも良いです。

濃い目の飲み口なので、揚げ物などの味の強い料理に合います。

あまり乾杯の一杯には向いていません。

苦味は普通のビールよりありますが、IPAにはもっと苦いのもあります。

パンクIPAは丁度いい、という言葉がよく似合います。

総括

初めてのIPAとして取っつきやすいと思います。

アルコール度数も5.6%と、IPAの中では低めです。(IPAは6-8%くらいが多い)

確かに苦味は通常のビールよりあります。なのでビール嫌いな人には難しいかもしれません。でも通常では味わえない香り・うま味を味わえます。

食わず嫌い改め、飲まず嫌いにならず一度試してみてはいかがでしょうか?

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

Twitter:https://twitter.com/drsashimi1