マンガ検討

マンガの1シーンを医学的に検討してみた⑤:ハガレン・マスタング

今回は鋼の錬金術師、ハガレンのマスタング大佐のシーンです。

敵に付けられた左わき腹の傷を炎で焼いて止血し、敵を倒すシーンです。

個人的に結構好きなシーンですが、マジメに検討します。

関連画像

☆受傷起点☆

敵に針?のようなもので脇腹貫かれた。

1番目の写真からは肋骨弓より下~脇腹を貫かれたようです。

なので左上腹部~側腹部の刺創と考えられます。。

☆診断・治療方針☆

①攻撃による腹部刺創、胃穿孔、結腸(大腸)穿孔、脾損傷、左肺下葉損傷

②炎による皮膚熱傷(Ⅲ度熱傷)

③熱傷による胃・腸・脾臓・肺の壊死。

①攻撃による腹部刺創、胃穿孔、結腸穿孔

攻撃を受けたのは左上腹部~側腹部なので、下図赤い円内、胃~結腸(正確には横行・下行結腸)周囲となります。下図には無いですが胃の後ろ『肺』『脾臓』があり、高確率で損傷していることでしょう。

http://cancerinfo.tri-kobe.org/pdq/summary/japanese.jsp?Pdq_ID=CDR000006283

胃および結腸の穿孔(穴があく)ことで、おなかの中に胃液・糞便がぶちまけられます。

緊急で穴をふさがなくてはなりません。特に胃液は酸性で組織障害性が強いので緊急処置が必要です。

放っておくと腹膜炎⇒死亡です。腹痛現時点で相当でしょう、救急搬送・緊急手術です。

②炎による皮膚熱傷。(Ⅲ度熱傷)

傷口を防ぐほどの熱量なので、深い熱傷と考えられます。

熱傷にはその深さから、Ⅰ度、浅達Ⅱ度、深達Ⅱ度、Ⅲ度があり。この順番にひどい熱傷となります。

マスタング氏の場合は止血するほどの高熱なので、Ⅲ度熱傷メインと考えられます。

Ⅲ度熱傷のため、皮膚再生は望めない。そのためお尻やふとももから皮膚を取ってくる、植皮術(皮膚移植)が必要でしょう。また筋肉も広範囲にやられていると思われるので、よそから筋肉を持ってくる皮弁術が必要です。皮弁としては損傷部位が広範囲なので、広背筋(懸垂で鍛えられる脇の下の筋肉)が最適でしょう。手術後は瘢痕形成(スカー)によって皮膚が引きつりやすいので、伸ばすようなリハビリが必要です。

③熱傷による胃・腸・脾臓・肺の壊死

これが一番キツイ。

①だけなら穴や傷を縫って終了でした。でも炎で止血した際に周囲の胃・結腸・脾臓・肺のいずれも高度に熱変性・壊死している可能性が高いです。そのため穴を防ぐだけでは不十分で、障害臓器の摘出が必要です。

手術としては胃切除・結腸部分切除・脾臓全摘・肺区域切除の適応となります。摘出後は再建術(残った臓器で補う)として残った胃と小腸を結ぶ再建術、人工肛門造設術が必須となります。

また胃切除後はダンピング症候群(低血糖発作・嘔吐下痢)、貧血などの後遺症が発生します。また脾臓取っているので肺炎球菌性肺炎になりやすくなります。

☆治療☆

①・③:胃切除・再建術(BillrothⅡorR-Y法)、結腸部分切除・人工肛門造設術、脾臓全摘、肺区域切除。

②:植皮術・皮弁術

☆総括☆

止血は炎でするもんじゃない。以上です。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク




Twitter:https://twitter.com/drsashimi1