医学雑談

ゾフルーザ やや期待外れ

最新のインフルエンザ薬、『ゾフルーザ』がややピンチですね。

ゾフルーザは今までのインフルエンザ薬と違い、1回飲んで終わりという画期的な薬でした。

例えばタミフルは1日2回、5日飲まなくてはならない。リレンザやリナビルなどの吸入薬は、意識が悪かったり、吸う力が弱いと効果が不十分。ラピアクタは意識ない患者でも使えるが点滴が必要。などなど既存薬には弱点がありました。

そこでゾフルーザの登場。登場時かなり画期的であり、医療現場でも期待のホープでした。

しかし早くからゾフルーザの効かない耐性菌の出現は報告されており、今回ゾフルーザ飲んでいない患者でも耐性菌が見つかりました。(リンク)

これはゾフルーザ耐性の仕組みが、ウイルス間で伝播している可能性があり結構問題です。そろそろインフルエンザ流行期は去って行きますがが、今後要注意ですね。

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

Twitter:https://twitter.com/drsashimi1