医学雑談

コロナ:PCR件数を競ってどうする??

昨今のコロナ騒動を見ていると思うことです。

猫も杓子もPCR,PCR。

自称専門家(新型コロナは新興感染症なので、本当の専門家は地球上に誰もいません)は『日本が諸外国より少ないから増やせ』など、言っていますが何を根拠に言っているのか不明です。

PCRっという言葉を使いたいだけなのではっと思うくらいです。いつの間にはPCR件数を各国で競っているかのような報道には眉をひそめます。

そもそもコロナに限らず、病気は感染者数や感染率よりも、死亡者数・致死率の方がずっと大事になってきます。日本よりも死亡者数・致死率の桁違いに多い諸外国のコロナ対策を参考にして、なんか意味あるの?っと思います。

ではなぜ日本は死亡者数・致死率が低いか?

個人的にはCT(レントゲンの強化版)へのアクセス・敷居の低さが日本が断トツだからだと思っています。新型コロナは肺の末梢からやられるのが特徴的で、そのため中枢がやられ呼吸困難などが前面に出てくる従来の肺炎よりも症状が初期に軽いのが特徴です(末梢⇒中枢に広がれば症状は強くなる)

その末梢の病巣をあぶりだすのはCTが最適です。正直PCRのような検査精度(感度)の低い検査よりもCTの方が圧倒的に当てになります。

日本はCT保有数がぶっちぎりの1位です。海外では撮影に1-2週間待ちなんてザラ、でも日本はその日の内に撮れます。それによってPCRを行わずに患者をあぶりだせているのは大きいと思います。

個人的にはPCRを増やすよりも、すでにあるCTを活用していった方が良いと思っています。

以上です。ありがとうございます。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)


にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ  PVアクセスランキング にほんブログ村