医学雑談

コロナワクチン、期待以上の効果は無いだろう~インフルと同じ~

まとめ

遺伝子がコロコロ変わる

コロナウイルスへのワクチンが期待されていますが、正直そこまでの効果は見込めないと思います。たぶん皆さんのワクチンへの期待は『一度打ったら、二度とかからない』でしょう。でもそんなワクチンはほぼありません。

長くても30-40年の効果

効果が持続するワクチンでも長くて30-40年です。少しずつ記憶力が低下するように、免疫力も減っていきます。

昔は寿命が短かったのでそれでもよかったのですが、現在は人生100年時代。ワクチンも定期的に抗体価(≒免疫力の強さ)を測定して再接種する必要があります。

インフルワクチン≒予想問題集

毎年、毎冬インフルエンザのワクチンを打つ季節がやって来ます。

よくよく考えると麻疹やおたふくカゼは生涯で1-2回で済むのにインフルは何故毎年打つのか?

それはインフルエンザが毎年突然変異で変化してしまうため、1種類のワクチンでは対応しきれないからです。

なので毎年打つインフルワクチンは、『今年はこの型が流行るかなぁ~』っという予想問題集に過ぎません。ただ予想問題集解いてから本番受けると受験対策になるように、ワクチンを打てば重症化のリスクは減らせます。

コロナも突然変異しやすいウイルスであり、開発されるワクチンも『二度とかからないワクチン』ではなく『かかっても重症化しない』効果はありそうです。

過度な期待は禁物です。

かからない×

かかっても重症化しにくい〇

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 為替ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村