医学雑談

コロナウイルスへの消毒薬散布は効果薄い

まとめ

消毒≒洗剤

汚れやホコリで無効化

消毒薬散布とはこんなのです⇩

なんか発展途上国で良く行っているイメージです。最近はコロナで諸外国で行っていますね。でもこれって非常に効率が悪いのです。

消毒≒界面活性剤

ウイルスに用いられる消毒薬、大量散布できる(≒安価、比較的安全)な物質って十中八九『界面活性剤』です。

界面活性剤は簡単に言うと洗剤で、油を分散させる働きがあります。

今話題のコロナウイルスは油の洋服を着ていますので、この油を剥がしとることで殺菌するのが界面活性剤・消毒の使用目的です。

殺菌を目的にした界面活性剤には歯磨き粉に含まれるCPC(塩化セチルピリジニウム 私の愛用しているGUMに入っている。他にはのど飴のビックスとか。)や病院で用いるザルコニン液(塩化ベンザルコニウム)などがあり結構メジャーです。

ウイルス以外とも反応しまくり

ただこの界面活性剤はウイルス以外のタンパク質・油汚れ・ホコリなどとも反応してしまいます。

路上、特に発展途上国、はゴミやホコリまみれです。なので目的のウイルスに届く確率は低いです。でも大量に用いれば今度は人体に悪影響を及ぼします。

コロナウイルスの伝播方法は接触・経口・飛沫であるので、手洗いやアルコール消毒、手づかみで食事とらないなどのアプローチの方が有効です。

ウイルス以外とも反応⇒効果・効率低い

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 為替ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村