医学雑談

コラーゲン:ぬってダメ。食べたら効く、かも、多分。

コラーゲン。一時期ブームになりましたね。
逆に今やブームから普通くらいに、認知されている印象です。

以前ヒアルロン酸をディスりました。☆リンク☆

コラーゲンは一部可能性があり、そこまでいじめない予定です。

まず化粧水などの、塗る系は意味ないです。

乾燥して、カピカピになって剥がれます。

以前にも書いた通り、皮膚の表面は皮脂で覆われています。

親水性が強いコラーゲンは、はじかれます。

肌から吸収されるのは本当に微量です。

なのでぬっても意味はないです。

そんなコラーゲン、食べることで一定の効果があるかもしれない、と言われています。

よくある誤解ですが、人間がタンパク質を吸収する際に、アミノ酸しか出来ないと思われています。

でもアミノ酸が数個繋がった『ペプチド』の状態でも吸収は可能です。

コラーゲンも一部はコラーゲンペプチドとして体内に入ります。

ここからが重要で、このコラーゲンペプチドが体内に増えると、体は『体内のコラーゲンが壊されている』と誤解します。

そして壊された分を補うため、通常よりも多くのコラーゲンを合成します。

これによって体内のコラーゲン量が増えると増えると言われています。

でもこれは研究レベルの話です。

実際に肌がうるおう、関節が楽になるほどの量は作られません。

なので目に見えて実感できるかと言ったら疑問です。

長々書いてきましたが結論としては『飲んだら効くかも、今後に期待』くらいですね。

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク







Twitter:https://twitter.com/drsashimi1