医学

アルコール消毒は乾くまで待たなくていい

まとめ

10秒くらいでいい

コロナの影響ですごくメジャーになったアルコール消毒。

安い・簡単(すぐ乾く)・有毒性低い、と最良の消毒薬です。

バランス最強

アルコールはそのバランス・万能性が素晴らしいです。ほど良く強くて、ほど良く毒。

細菌やウイルスに有毒な物質って人間にも基本的に有害なんです。人間の最小単位は細胞、細胞と細菌なんてほぼ同じようなものですから。(ちなみに細胞と細菌の違いを利用した薬が、抗生剤というものです)

例えば昔はケガなどするとオキシドール(過酸化水素)を傷口に塗っていました。でもオキシドールは傷を治す人間の細胞もやっつけるため、かえって傷が治りにくくなりました。最近はオキシドールやイソジンなどの消毒薬は傷口に使わず、水道水で洗い流すだけです。

アルコール以外にもいろいろな消毒薬がありますが、強すぎたり、発がん性があったり、またはほとんどの細菌・ウイルスに効かないショボいものまで沢山あります。みんな一長一短。その中でアルコールは安価・毒性低い・幅広い菌に効く・蒸発するので残留性が無いなど至れり尽くせり。

ちなみにこの世で最強の市販消毒薬は過酢酸という物質です。強力なわりに意外と毒性は低いのですが、よい子は手を出さないで下さい。

殺菌時間≒10秒

アルコールは水にもアブラにも溶けます。なのでアブラで出来ている細菌の細胞膜を溶かしたり、水に溶けて細胞内部に入り込んでタンパク質を壊したりします。それらによって殺菌作用を発揮し、その浸透・作用時間が大体10秒です。

そしてすごい都合がいいことに、これがアルコールの乾くまでの時間と大体一緒。

なのでよく言われている『アルコールが乾くことで殺菌効果がある』は間違いで、『アルコールが乾くくらい作用時間があったので殺菌効果があった』となります。

よく病院では新米看護師・医師がアルコール付けた手を乾かそうとすごくパタパタ、手・腕を動かしていますが意味ないです。皆さんはやらないようにしてください。

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です

にほんブログ村 ダイエットブログへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ   PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村