未分類

冷酒はつぶれやすい?

最近の日本は春と秋が無く、夏と冬だけになった、なんて言われてますね。温暖化のせいでしょうか?

個人的には魚・酒が好きなので、冬が大好きです。寒くなると飲みたくなるのが日本酒、特に熱燗(おかん)ですね。冷酒も好きですが。

熱燗は・龍力のドラゴン赤ラベル、・九平次の火と月の間に

冷酒は・楯野川清流、・伯楽星、・みむろ杉がおススメです。

冷酒は悪酔い・二日酔いしやすいと言われています。逆に燗酒は残らないと言われています。

温めたからアルコール度数が、熱燗<冷酒となったわけではありません。

アルコールが蒸発するには80度近く必要です。でも熱燗は普通40度くらいです。熱くても50-60度です。

これではアルコールは蒸発できないんです。では、なぜ冷酒が酔いやすいのか。

実は体に入ったものが吸収されるには温度が体温(37度)近くになる必要があります。冷酒(10度以下)では温める→吸収っと吸収までにタイムラグがあります。この影響が大きいです。

吸収されないと酔わないのでがぶがぶ飲む

→必要以上に飲んでしまう

→その後温まり、必要以上に吸収される

→悪酔い・二日酔いコース。

私も何度酔いつぶれたことか。

熱燗は温まる工程がありません。なので適度な量で酔うため、必要以上に摂取せず、悪酔いしないとされています。

これからの寒い季節、路上でつぶれて寝ると最悪凍死します。または面倒事に巻き込まれます。お気をつけ下さい。

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク

Twitter:https://twitter.com/drsashimi1

関連記事:急性アルコール中毒https://drsashimi.com/急性アル中