医学雑談

めまい:治療。あまりやる事無い、のもある。

めまい。

世界が回るような『回転性めまい』と船に乗って揺られるような『垂直性めまい』があります。『垂直性めまい』の方が一般的に何か大きな病気が含まれているか疑います。

原因で重要なのは脳出血、脳梗塞、脳腫瘍です。見逃すと大事件です。なのでめまい、特に垂直性めまいの患者は頭部CT/MRIで良く調べます。でも『回転性めまい』で上記の疾患となる事もあるので、やはり精査のためCT/MRIは必要ですね。

『回転性めまい』の多くは良性発作性頭位めまい症(BPPV)、という耳から来る病気であることが多いです(一応脱水や熱中症なども調べる)。この病気はグルグル目が回り、ゲロゲロ吐いて救急に来ます。かなり患者の表情も悪いですが、尿路結石同様、あまりやることないです。

原因は三半規管に石が出来ることです。

我々は三半規管というドーナッツ3つ組み合わせた様な物体で『平衡感覚、特に回転』を判断しています(下図左)。この3つのドーナッツはうまい具合にX/Y/Z軸方向に1つずつ配備されています。ドーナッツの中には液体が流れており、その流れによって我々は平衡感覚を感じます

内耳のイラスト

でもこの液体中に石が混じる・浮遊することがあります(多くは加齢によるもの)。そうすると三半規管内の液体の流れが乱されます。この乱れを我々は『めまい』として感じます。

☆治療☆

点滴にてメイロン、内服でアデホスやメリスロンなんて薬を使うことありますが、正直効いている気はあまりしません。

それよいrも『エプリ―法』という頭の位置をコロコロ変える治療法が良く効きます。『石』を良い所(三半規管内の流れを乱さない場所)に落とし込む方法、らしいです。また同時に『無理やりめまい起こして、慣れさせる』方法でもあります。なのでやっている最中はめまい⇧、吐き気⇧なので結構患者から不人気です。

気持ち悪がっている人を、更に追い込む。患者・家族からやめてくれ!っと言われること多し。

でも効果は結構あり、最後は『物理』ですね、やはり。

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします<m(__)m>

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

スポンサードリンク