投資・資産運用

みんな配当金気にしすぎ

まとめ

配当金は微々たるもの

株価低下>配当利回りのリスク

コロナ及びその後の給付金で投資がブームです。ネット証券の開設数もウナギのぼりとのこと。投資が日本に定着するのは良いことですが、見ていると配当金をみな気にしすぎな印象を受けます。

たかが2%程度

配当金自体は素晴らしいです。でも庶民にはお小遣い程度のインパクトしかありません。

日本の配当の平均は約2%、企業によっては5%行く場合も。逆に7%超えてくるとその企業大丈夫?配当以外に投資先無いの??と心配になります。

配当金は投資額が大きいと威力を発揮してきます。例えば10億円で配当利回り2%なら2000万、税引き後約1600万です。充分な額ですが10億投資に回せるような人にとって1600万は鼻くそです。

一方我々庶民が例えば100万を1年間預けても16000円。1年でこれです。2日バイトすれば簡単に回収できる額です。

配当金でリッチになるのは途方もない道のりです。

株価低下幅>配当利回り

当然ですが配当利回りよりも株価が減少したら損します。配当で2%貰っても、株価が5%低下したら意味が無い。

案外この事実を皆忘れがち。

また配当がなくなる・減るリスクもお忘れなく。最近だとJT(日本たばこ産業)。

ただでさえみんなタバコ吸わないので収益⇩、株価⇩。そこに減配で配当⇩の地獄です。減配リスクはしっかり覚えておいてください

成長する企業を買う

基本的に高配当の会社って低成長企業です。タバコや電気水道などのインフラ企業です。

確かに安定した収益はありますが、投資して事業拡大するための投資先も無いので、結果配当金バラまいています。でも現状維持は抗体の始まりです。

やはりしっかり成長する企業に投資する方が差益>配当になり、結果的に儲かります。グーグルなんて配当利回り1%以下ですし。

配当という釣り餌に引っかからないように、しっかり考えて投資しましょう。投資は自己責任なので。

 

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です)

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ にほんブログ村 為替ブログへ  PVアクセスランキング にほんブログ村