ダイエット日記

なぜ酒を飲むと肝臓に脂肪がたまるか?

まとめ

分解優先順位

アルコール>糖・脂肪

酒を飲むと一般的に肝臓に脂肪がのる、『脂肪肝』になりやすいです。と言っていますが筋肉内にも実は脂肪が溜まります、いわゆる肉のサシです、A5ランク的な。

アルコールによって脂肪肝になるのは、体内でアルコールの分解が優先されるため、とアルコール自体にカロリーがあるからです。

アルコールは毒

当たり前ですがアルコールは毒です。手の消毒薬に使えるくらいなのですから。

アルコールを摂取するという愚行を犯すと体は非常事態モード、最優先で解毒して体を守ろうとします。

そのため本来肝臓で糖分や脂肪などを代謝しているのですが、それらを放っておいてアルコールの分解を行います。本来代謝されるはずの糖分・脂肪はそのまま中性脂肪として肝臓で分解待ちとなります。これが脂肪肝の正体です。

またアルコール自体にも1g当たり7kcalという、比較的高いカロリーがあります(*1g当たり糖質4、タンパク質4、脂肪9kcalあります)。アルコールは酢酸に分解され、最終的に二酸化炭素と水になります。この酢酸、有機酸もカロリー源となるので太ります。

食欲亢進

飲酒のもう一つの悪い影響は、抑制のタガが外れる状態、脱抑制となることです。スーパーサイヤ人的な。

欲望のまま行動するので沢山食べたり、寝だしたり、セクハラしだしたりします。

特に食欲亢進が太る原因。アルコールを分解する時には実はエネルギー、特に糖質が必要です。またアルコールでおしっこが沢山出る利尿作用も相まって、人々はラーメンを食べることが多いです。麺なので簡単に食べられるのも罪。

飲酒は私も好きですが最近は糖質制限のおつまみをよく食べています。揚げ物は食べない、締めのラーメンは食べない、食べる代わりにOS-1/ポカリがぶ飲みするなど気を付けるようにしています。

飲んだお酒は全部オシッコに、お金払って不健康になるのが飲酒。是非腹八分目、節度ある飲酒を心掛ける必要があります。

以上です。またお願いします。

励みになりますので、よければ投票お願いします⇩⇩(どれでも大丈夫です

にほんブログ村 ダイエットブログへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ    にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ   PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村