医学雑談

『ストレスが原因』≒原因不明

まとめ:良く分からない⇒ストレスのせい

よく病気の原因にあげられる『ストレス』。最近はキラーストレスという概念まであり、様々な病気や延いては死亡原因にもなるほどです。

でも多くの医者が使う『ストレスのせいですかね~?』と言うのは、イコール、『原因なんだろね~(?_?)』です。でも患者さんも『そうですね~、そうか~、そうだな!』と何故か納得しています。

人間は大なり小なりストレスを抱いています。日々の生活は常に〇か×か、AかBかのように選択を迫られます。それこそ今日はどっちの靴下選ぶかとか、今日の昼食はAランチにしようなどでもそうです。選択する=悩む=ストレスがかかるのです。また他者との交流も言葉を選んだり、気持ちをくみ取ったりなど自分の思い通りにならないものですからストレス⇧。

ストレスは多くの病気の原因になっている『かも』しれないと考えられています。ストレス下では血流が低下したことから研究が始まったのです。

現代医学をもっても完全に原因が解明していない病気はたくさんあります。てか原因がはっきりしている方が少ないです。寄生虫みたいにこいつがいるからダメ!!と言える方が珍しいです。

でも患者に説明する際に、我々医療者もサービス業・接客業なので『分からない!』と言うと体裁が・・・。なのでストレス様に登場していただき、『ストレスですかね~』と言ってしまいます。おそらく『ストレス』が目に見えず、知名度が高く、みんな経験してきたからでしょうね。

全ての原因、罪を背負ってくださるストレスには敬礼です(`・ω・´)ゞ

以上です。アホな内容でした。またお願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ にほんブログ村

スポンサードリンク